ストロボ計算機 ver.0.11 計算回数:8281

 ストロボの適正露出はガイドナンバー、撮影距離、絞りの関係で決まります。1.で選んだ知りたいもの「 以外」の数値を入れて「計算」を押してください。
 自動調光全盛の時代にあまりこういう計算はしないと思いますが、ま、カタログデータからコンパクトカメラのガイドナンバーを類推するのにお使いください。 エクセル版・perl版がほしいという奇特な方は こちらでダウンロードできます。

1.知りたいものを選ぶ→

ガイドナンバー(GN)

絞り(F値)

撮影距離(m)

3.計算

2.↑1「以外」の条件を入力する→

GN

F

m

4.計算結果 結果が表示されない場合は入力をチェック

ISO50

ISO100

ISO200

ISO400

ISO800


上の計算機の計算式は  計算式 です。

手元で簡単な計算をしたい場合は次のように計算すると良いでしょう。
撮影距離 距離=F/GN:ISO100。この結果に、ISO50なら×0.7、200なら×1.4、400なら×2、800なら×2.8。
ガイドナンバー GN=F値×距離:ISO100。この結果に、ISO50なら÷0.7、200なら÷1.4、400なら÷2、800なら÷2.8。
絞り F=GN/距離:ISO100。この結果に、ISO50なら×0.7、200なら×1.4、400なら×2、800なら×2.8。

コンパクトカメラページへ